(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *創価学会・公明党 秘密保護法と靖国
本文テキスト  <特定秘密保護法を問う!!>特集で創価学会・公明党に言及。参院公明党20議席が、過半数に満たない自民党と一緒になって同法が成立。その間、聖教新聞は法案については<ごく一部しか報じていない><学会員の知る権利に応えていない>(1日付)。昨年末の安倍首相の靖国参拝も公明党は<むしろ容認>。創価学会も<貝のように口を閉ざしている>。公明党は今年結党50周を迎えるが、「反戦・平和主義」などの立党精神が変遷したのは1969〜70年の「言論出版妨害事件」からだと記事は指摘。<支持母体の創価学会が起こした不始末に幕を下ろすために、時の政権自民党に土下座したことに始まった>(23日付、30日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center