(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *日本仏教史40年間の変容
本文テキスト  <展望2014>と題された1面トップの松尾剛次・山形大学教授による40年にわたる日本仏教史の変容の素描。以下、列挙する。(1)聖徳太子非実在論の登場、(2)中世仏教史における旧仏教寺社勢力中心論、(3)親鸞伝の見直し、(4)近世仏教の教学深化と国民仏教としての民衆への根付き、(5)近代仏教史の変容が末木文美士氏による思想史研究などにより最も顕著。なお松尾氏はオリオン・クラウタウ氏に依拠して次のように記す。<旧来の聖徳太子像や鎌倉新仏教中心史観が、近代の仏教史のリーダーであった帝大の真宗系の学者によって創作されたものであることが明らかにされている。いわば日本仏教なるものは、近代日本研究者による創作物だというのだ>(9日・16日合併号)。
Copyright(c) Religious Information Research Center