(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 62
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *全国の初詣 今年の特徴
本文テキスト  神社新報は全国の神社と各警察本部(19県のみが回答)への取材による初詣状況を掲載した。記事は参拝者の傾向として、(1)列の後方から賽銭を投げ入れる傾向の減少、(2)雑誌TV等を通じた参拝作法の定着、(3)若者の参拝増加、(4)「アベノミクス」効果による企業の新年祈祷増加、(5)着物姿の参拝者の激減などを挙げている。全体的に参拝者増加の指摘が多く、年末の安倍首相参拝により中国韓国の反発が続いている靖国神社は昨年比2万5千人増の約30万5千人だった。なお警察庁は2009年以降、「数字に責任が持てない」として参拝者数の発表を中止している。記事は<神社をめぐる社会環境の変化等を把握するためには、より効果的な実態把握の方法が求められているやうだ>と結んでいる(20日付。関連記事として6日付に安倍首相の靖国神社参拝)。
Copyright(c) Religious Information Research Center