(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 61
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆フランス
記事タイトル *司教協議会がロマ民族への友愛呼びかけ
本文テキスト  仏司教協議会会長のポンティエ大司教は11月5日、巡礼地ルルドで開催された秋の司教総会の開会挨拶の中で、ロマ民族など移住者に対する政府の排他的な対応を批判し、カトリック教会は率先して、最も困窮している人々への友愛や連帯を促進すべきと呼びかけた(カトリック11/17)。同国では10月9日、ロマ民族の少女が亡命申請を却下された後、スクールバスで移動中に級友の目前で身柄を拘束、強制送還されたことから、高校生による大規模デモが全土に広がっていた(読売10/22ほか)。また、10月中旬には、ギリシャやアイルランドなどで、金髪の幼児を連れたロマ民族の夫妻が、北欧の子供を誘拐したとの嫌疑をかけられ不当に逮捕される事件が発生している(東京11/26ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center