(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2014
号数 61
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆イタリア
記事タイトル *同性愛者差別、バチカンの変化に期待も
本文テキスト  同性愛者の青年(21)が10月26日、差別に抗議する遺書を残して自殺した。同性愛者の若者による抗議自殺は2012年11月、2013年8月にも発生している。30日には、同性愛者団体が主催し、青年の追悼と差別反対を訴える500人規模のデモがローマ中心部で行われた。ローマ・ラ・サピエンツァ大学のバウムガートナー社会心理学科長は、イタリアではカトリックの文化や保守的な考えが強く、政治家もカトリックの有権者の顔色をうかがい対応が遅れていると述べる。同性愛を公表しているプーリア州知事のベンドラ氏は、教皇フランシスコの「同性愛者を裁くことはできない」との発言の影響力に期待を寄せる(毎日11/25)。
[→『ラーク便り』60号47頁参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center