(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

また、各記事の詳細画面から「戻る」を選択すると、新規の検索画面に戻ります。お手数ですが、以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください。

詳細
発行年 2014
号数 61
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ロシア
記事タイトル *「赤の広場」のヴィトン広告に批判集中
本文テキスト  クレムリンに隣接し、ガガーリンなど多くの国民的英雄の墓やレーニン廟などがある「赤の広場」に特設された、ルイ・ヴィトン社のトランクの形を模した展示会場(高さ9m、長さ30m)に批判が集中している。巨大トランクは、広場に隣接するグム百貨店がルイ・ヴィトン関連のイベントのために特設したもの。国会議員らからは、広場の歴史的意味合いを損なうとの批判が相次ぎ、大統領府も撤去を求める意向を明らかにしたことから、百貨店は11月27日、撤去を発表した。一般市民の間からも、広場はロシアの歴史にとって神聖な場所との主張が聞かれた(朝日11/28)。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
最下部の「更新」や「投稿」項目をコメントアウト -->
Copyright(c) Religious Information Research Center