(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 61
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ロシア
記事タイトル *歴史教科書を統一、愛国心の陶冶が目的
本文テキスト  プーチン政権が歴史教科書の統一に乗り出し、11月1日、新しい指導要領が大統領に提出された。現状では解釈がさまざまな250の歴史教科書が用いられており、チェチェン共和国などには、ロシア人による侵略や残虐行為を批判する内容の教科書もある。新指導要領は、ロシア人としての誇りや愛国心の陶冶、民族間・宗教間の寛容に主眼を置くとされ、プーチン大統領も、諸民族が一つになることでロシア史が形成されたことを示すべきと述べる。しかし、新指導要領にはスターリンによる粛清や農業集団化による飢饉など、歴史の負の側面に関する記述が見当たらず、記述内容の取捨選択に退役軍人や宗教指導者など保守派勢力が介入しているとの批判もある(産経11/27ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center