(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 61
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *重文100点以上が所在不明、国外流出に懸念
本文テキスト  盗難や無届けの売買などにより、所在が分からなくなっている国の重要文化財が少なくとも100点以上にのぼるとされる問題で、文化庁は11月1日、都道府県教育委員会を通じた調査を開始した。
 特に個人所有の重文約800点は無届けで売買されることも多く、把握が困難とされる。これについて、2010年2月から3月にかけ、文化庁が都道府県教育委員会を通じて調査を行っており、約半数の所在が不明であったものの、その結果は公表されていなかった。また、2013年7月には、文化庁が「重要美術品」に認定していた仏教文書「辨非集(べんひしゅう)」が中国のオークションに出され、落札されていたことがわかった。この文書は京都・高山寺から所在不明になっていた(SANKEI EXPRESS11/2ほか)。
 今回の調査では11月15日までに18都府県で53件の所在不明が確認され、このうち、25件は盗難届が出されていた。文化庁は、重文指定を受けた全ての美術工芸品1万524件の所在を2014年3月までに調べる方針(東京・東京11/16、産経・東京11/16)。
Copyright(c) Religious Information Research Center