(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 61
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *祈祷師のわいせつ行為に有罪判決
本文テキスト  祈祷行為と称し体を触るなどして準強制わいせつ罪に問われていた男に対し、東京地裁立川支部は、10月1日、4件の起訴事実のうち1件を無罪とした上で、懲役3年執行猶予5年(求刑・懲役6年)の判決を言い渡した。準強制わいせつ罪と判断された3件は、2008年から2011年にかけ、被告が恋愛相談などで訪れた女性3人に対し、東京都昭島市の自宅でわいせつな行為に及んでいたとするもの。無罪とされたのは、2007年、鹿児島県霧島市で水子供養の相談に来た女性に対してわいせつ行為をはたらいたとされるものだが、わいせつ行為が被害者の意に反さず、抵抗できない状態でなかった疑いが残るとされた(東京・多摩10/2、読売・多摩10/2ほか)。
[→『ラーク便り』56号20頁参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center