(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 61
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *「邪気払い」を称してカウンセリング
本文テキスト  会員制の交流サイト(SNS)で知り合った女性2人に対し、「邪気払い」などと称し、自分のサービスを受ければ運命が変わると信じ込ませ、心理カウンセリングや除霊の名目で現金をだまし取ったとして、青森県警弘前署と県警保安課は10月21日、特定商取引法違反(事実の不告知)の疑いで青森市の30代の男を逮捕した。容疑者は女性のうち1人に、邪気が晴れると言って30〜250万円でCDやDVDを買うよう迫ったり、身の周りで悪いことが起こると言ってカウンセリング料を払わせたりしていた(東奥日報・青森10/22)。また、同様の手口で容疑者と知り合った別の女性2名からの訴えで、同署と同課は詐欺と特定商取引法違反の疑いで11月8日、男を再逮捕した。容疑者は他にも約10名と契約を交わし、料金を請求しているとし、同署は調べを進めている(東奥日報・青森11/9、デーリー東北・八戸11/9)。
Copyright(c) Religious Information Research Center