(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 61
媒体 国内
大分類 【6. 政治と宗教】
小分類(国名等)
記事タイトル *特定秘密保護法案、公明党が国会提出容認
本文テキスト  安全保障にかかわる機密を外部に漏えいした公務員らの罰則を強化する特定機密保護法案の修正案について、政府と公明党は10月16日に大筋合意をした。公明党が要求していた「知る権利」「取材の自由」が明記され、取材活動については「著しく違法・不当でない限り、正当な業務行為と位置づける」との趣旨の文言が盛り込まれた。政権側が正当な取材活動を保証する趣旨の文言を盛り込むことにしたことで、公明党も「譲れない部分を受け入れてもらった」と判断をした(朝日・東京10/17)。
 公明党の山口那津男代表は22日の記者会見で、今国会内で同法案について成立を目指す考えを明らかにした。同日、自公両党の党内手続きによって了承された法案は、25日の閣議決定を経て国会に提出され、12月6日可決、成立した(東京・東京・夕10/22)。
Copyright(c) Religious Information Research Center