(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2013年10月-12月
号数 61
媒体 国内
大分類 【4.キリスト教】
小分類(国名等)
記事タイトル *カトリック司教協議会、ローマ教皇に長崎来訪要請
本文テキスト  10月15日、日本カトリック司教協議会はローマ教皇フランシスコに長崎来訪を求める要請文書を提出したと発表した。文書では、来訪を求める時期は明確に示されなかったが、2015年は潜伏キリシタンが大浦天主堂(長崎市)でプチジャン神父に信仰告白した「信徒発見」から150年の節目にあたることを強調した。また、同年が原爆投下から70年を迎えることにも言及。「日本の教会は核兵器廃絶を世界に訴え続ける使命がある」としたうえで、来訪の際に平和メッセージの発信を求めた。なお、同年はキリシタン大名、高山右近の没後400年にもあたる。これを機に同協議会を中心として右近の「聖人」への認定に向けた準備が進んでいる(毎日・長崎10/16、読売・大阪・夕12/3ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center