(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2013年10月-12月
号数 61
媒体 国内
大分類 【3.慰霊・習俗】
小分類(国名等)
記事タイトル *東日本大震災1千日
本文テキスト  東日本大震災から1千日目を迎える12月4日、各地で追悼儀礼が行われた。石巻市では、津波被害から1千日にあたる5日に3千個の灯籠やキャンドルを灯して犠牲者を追悼した(石巻かほく・石巻12/6ほか)。仙台市若林区荒浜の海岸では、犠牲者を悼み手を合わせる人の姿が多く見られた(産経・東京12/5)。12月4日付の『朝日新聞』では、1千日が経過して再建ムードが高まるなかでも、従来通りに葬儀を行えないことを悔やむ人びとの声を紹介している。「まちの再建が優先され、派手な葬儀をできる雰囲気ではない」という事情から、大規模な葬儀や伝統の葬列などは震災後めったに行われなくなったという(朝日・東京12/4)。
Copyright(c) Religious Information Research Center