(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2013年10月-12月
号数 61
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *愛媛の少彦名神社が米国団体の危機遺産リストに
本文テキスト  歴史的建造物などの保存活動を行う米国の非営利団体「ワールド・モニュメント財団」が発表した世界67ヶ所の「危機遺産」リストに、愛媛県大洲市の少彦名(すくなひこな)神社参籠殿が含まれていることが10月9日、わかった。発表は8日付。昭和初期に建立された参籠殿は、京都市の清水寺本堂の舞台と同じ建築様式である「懸造り」で、境内の急斜面に張り出しているのが特徴。支柱の腐食が始まっているとみられ、取り換えが必要とされている。地元住民らは2011年3月に「修復実行委員会」を結成し修復作業を続けてきたが、修復に必要な金額が半分しか集まっていないことから、「選定が寄付の弾みになる」として期待を膨らませた(毎日・大阪・夕10/9ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center