(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2013年10月-12月
号数 61
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆トルコ
記事タイトル *「民主化政策」で公務員のスカーフ容認
本文テキスト  10月31日、与党公正発展党の女性議員4人がスカーフを身につけて国会に登庁した。1999年にイスラム主義政党の女性議員がスカーフ着用を理由に退場させられて以来初めてのこと。エルドアン首相が女性公務員のスカーフ着用、男性公務員のあごひげを容認する方針を9月に表明したことを受けたもので、世俗主義の信奉者が多いとされる軍人、裁判官、警察官などには禁止令の適用が続く。首相はこの他、少数民族のクルド人政党に有利な選挙改革やクルド語教育を認めるとし、一連の政策を「過去最大の民主化パッケージ」と称した。「民主化」によりクルド人の政治・教育の権利を拡大することで、クルド人勢力との和平推進につなげる狙い。イスラム政策と抱き合わせ「民主化政策」として打ち出すことで、クルド融和策への国内の反発を交わす狙いもあるとみられる(産経10/1ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center