(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2013年10月-12月
号数 61
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆エジプト
記事タイトル *モルシ派と反モルシ派がタハリール広場で衝突
本文テキスト  モルシ前大統領の出身母体であるムスリム同胞団を支持する市民が、第4次中東戦争(1973年)の開戦日にあたる10月6日、首都カイロ中心部のタハリール広場に向かい数千人規模のデモ行進を行った。同日、タハリール広場は反モルシ派の市民団体が軍を支持する集会を開いており、モルシ派のデモ隊と軍支持団体との間で広場への進退をめぐって衝突が起こった。治安部隊もデモ隊の広場進入を阻止するため催涙ガス弾などで応戦、カイロを含む4県で死者54人、負傷者200人以上の被害を出した(毎日・夕10/7ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center