(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2013年10月-12月
号数 61
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イラン
記事タイトル *女性の振る舞いめぐり改革要求高まる
本文テキスト  ロハニ政権発足から約3ヶ月が経過し、改革機運が高まるなか、女性の服装や振る舞いへの規制緩和を求める動きが活発化している。女性の頭髪を覆うヘジャブでは、髪があらわになるなどの不正着用が取り締まり対象となっていたが、10月11日付のアラブ系新聞で、前最高指導者ホメイニ師の孫娘エシュラギ氏が、女性のヘジャブ・服装規制に反対する考えを表明した。一部では警察によるヘジャブ不正着用の取り締まりが緩和されているという。これまで禁止されていた女性の「水たばこ」使用についても、ナジャフィ副大統領が容認すると発言。高位法学者は金曜礼拝の演説で「女性のヘジャブや振る舞いは法の規定」と反論し、ロハニ大統領に履行を迫っている(読売11/4)。
Copyright(c) Religious Information Research Center