(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2013年10月-12月
号数 61
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆イエメン
記事タイトル *宗派抗争で死者100人以上
本文テキスト  シーア派の一派ザイド派の支配が強まっている北西部サーダ州で、10月30日に大規模な武力抗争が始まり、11月9日までに100人以上が死亡した。スンニ派住民の多い地域でザイド派民兵による住民殺害が生じ、これに対する反発から戦闘に発展したもの。ザイド派住民は人口約2500万のイエメンで約3割を占める。サーダ州の支配をめぐり2004年から中央政府と武力衝突を繰り返しており、民主化要求を受けた前大統領の退陣後、混乱に乗じて同州での実効支配を強めていた。イエメンでは中央政府の統率力が弱く、南部や東部に拠点をおくアルカイダ系勢力によるテロ事件も各地で起こっている(毎日・夕11/9ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center