(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2013
号数 61
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *特定秘密保護法案に反対表明
本文テキスト  特定秘密保護法案が10月25日に閣議決定され、国会で審議が開始される。これに対してキリスト教界からは反対の意見表明などが行われている。以下、ピックアップする。日本カトリック正義と平和協議会会長の松浦悟郎補佐司教は11月1日に特定秘密保護法案に反対する声明を安倍晋三首相、衆参両院議員らに送った。声明は5項目の問題を指摘した上で、法案が可決されれば<日米同盟関係強化のもと、あらゆることが秘密裏に進められ>、日本国民が世界に宣言した平和への決意を根底から揺るがすとしている(キ16日付、カ10日付)。キリスト教界の新聞・雑誌の8名の編集長とキリスト教出版販売協会幹事長の小林望氏は10月23日に、特定秘密保護法案が現行法のもとではなぜ秘密漏えいを防ぎ得ないのか<客観的理由が一切明記されておらず>など7項目にわたる問題点をあげて反対する安倍晋三首相あての共同声明を発表した(キ2日付、ク3日付。ほかに関連としてカ17日付、ク17日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center