(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2013
号数 61
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *WCRP世界大会 日本、放射能汚染で発信
本文テキスト  第9回WCRP(世界宗教者平和会議)世界大会が、KAICIID(アブドッラー国王による宗教・文化間対話のための国際センター)の協力のもと、11月20〜22日にオーストリアのウィーンで開催され、約100の国と地域から600人が参加した。WCRP日本委員会からは、庭野日鑛立正佼成会会長、杉谷義純天台宗宗機顧問、田中恆清神社本庁総長ら約40人が出席した。全体会議は総合テーマ「他者と共に生きる歓び」について討議。それを受けて、(1)紛争予防・解決、(2)正しい調和のとれた社会、(3)地球を尊重する人間開発、(4)宗教・諸宗教教育の分科会が開かれ、日本の宗教者は、原子エネルギー使用の倫理性、核兵器廃絶、貧困の撲滅、平和教育の重要性などについて発言した。
 最終日にウィーン宣言「他者と共に生きる歓び―宗教協力による平和への展望」が採択され、日本委員会が強く主張してきた放射能汚染については、「将来世代を守るために、核による被曝並びに汚染の脅威を訴える」が盛り込まれた。なお、北朝鮮からの初参加が<注目を浴びた>(21日付、28日付。神社新報12月9日付、中外日報23日付及び28日付・12月26日付に同類記事。関連として同世界大会に向けて、仏教タイムス10月14日付、10月17・24日合併号、10月31日付、11月7日付に参加者の意見の大型コラムあり)。
Copyright(c) Religious Information Research Center