(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2013
号数 61
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *宮内庁が<今後の御陵及び御喪儀>を発表
本文テキスト  宮内庁は11月14日に記者会見を行い、「今後の御陵及び御喪儀のあり方について」を発表するとともに、「天皇皇后両陛下のお気持ち」も示された。発表に至る検討について「平成の御代のお姿を遠い将来の国民に伝えていくことに繋がる極めて意義深い」ものとし、火葬にすることについては<両陛下のお考えを踏まへて>であり、<御葬儀>についても、<将来に恆って基準となり得るもの>であるとしている。記事は1面トップにおいて発表内容を忠実に紹介することに徹し、神社本庁の見解や関係者や識者のコメントはない。なお大喪の礼は国事行為の儀式であるため検討の対象ではない。発表資料について宮内庁はウェブサイトで発表している(25日付。中外日報の項参照)。
Copyright(c) Religious Information Research Center