(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2013
号数 61
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *国際シンポ 米国の仏教チャプレン養成
本文テキスト  国際シンポジウム「実践伝道学とチャプレン―人間の苦悩と向き合う仏教の慈悲」が9月26〜27日に龍谷大学大宮学舎で同大人間・科学・宗教オープンリサーチセンターの主催で開かれた。同シンポジウムでは、米国仏教大学院講師で同大学院の仏教チャプレン養成プログラム代表を務める大寂・ジュディス・キンスト氏(曹洞宗僧侶)が、仏教チャプレン養成プログラムについて解説した。そのなかで臨床現場における「仏教的癒し」のモデル原理として、相互関係性の体験、心身一如など10の原理をあげ、「仏教徒としての実践と視点に立ち返ることで」チャプレンは自分の生命と仕事を発展させることができると語った。また米国では、イスラム教、ユダヤ教、ヒンドゥー教でも養成プログラムの立ち上げが進み、宗教間対話も進んでいるという(3日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center