(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2013
号数 61
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *「ダブル」の子どもの「同化」と信仰
本文テキスト  カトリック新聞は移住労働者や国際結婚で生まれた「ダブル」の子どもたちの学校教育を考えるシリーズを掲載している。その14回目は<社会や学校における「同化」問題>で、日本人とフィリピン人の間に生まれた子どもたちが教会から離れてゆくさまを、東京都足立区の梅田教会の状況を踏まえて報告。記事は日本単一民族説や「宗教は危ない」などの思想背景や、キリスト教徒の少なさと日本社会の少数派排除などをとりあげながら、中学校の「部活」の問題を指摘する。「日曜日は部活を休んで教会に行くつもりだと言ったら、コーチが『部活か、神か、どちらが大事ですか?』と質問してきました」との中学生の話を紹介し、学校教育の部活は<集団への「同化」や「従順」>を求めているのではないかとしている(カ27日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center