(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2013
号数 61
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *庭野財団 GNHと未来社会でシンポ
本文テキスト  庭野平和財団は庭野平和賞30回を記念し、10月23〜24日に東京の日本外国特派員協会でシンポジウム「未来社会のための新しいパラダイム」を開催した。自然との共生、持続可能な開発をめざすもので、GNH(国民総幸福)をGDP(国内総生産)に代わる指標とするブータン王国のダショー・キンレイ・ドルジ・中央政府情報通信次官と哲学者の内山節・立教大学教授が基調講演を行った。ドルジ氏はGNHについて、「(幸福とは)深くて薄れることのない満足度」と定義し、幸福にとどまらず、ウェルビーイング(健康、快適さ、満足度など広範な意味)であるとした。パネルは基調講演を受け、「GNHと未来社会の構想」「未来社会を目指した実践」「宗教の視点から」の3つが行われた(31日付、11月7日付。中外日報26日付、31日付に同類記事。関連として仏教タイムス3日付、10日付に<GNHと未来社会への提言>)。
Copyright(c) Religious Information Research Center