(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2013
号数 60
媒体 国外
大分類 【8. 北米・中南米】
小分類(国名等) ◆アメリカ<同性愛に対する宗教界の反応>
記事タイトル *「国際エクソダス」、同性愛者への転換療法を謝罪
本文テキスト  同性愛を問題視していた米国の宣教団体のなかでも最も古く、最大の規模をもつ「国際エクソダス」(本部米フロリダ州オーランド)が、同性愛撤廃に取り組んできた1976年以来の活動を停止する旨を6月19日にウェブサイト上で公表していたことが8月、報じられた。国際エクソダスは、これまで行ってきた性的指向を転換させるための「転換療法」を有害、無知な実践であったとして、療法を受けてきた人たちに謝罪した(クリスチャン8/18)。
Copyright(c) Religious Information Research Center