(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年3月-5月
号数 23
媒体 専門紙
大分類 5月 
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *過疎。教団が結婚相談窓口
本文テキスト  伝統仏教寺院の後継者対策の一環として、浄土宗は2001年から、日蓮宗では2003年から結婚相談を行っている。慢性的後継者不足の有力原因のひとつは、嫁、婿がいないためだが、募集は過疎寺院に集中し、一方、応募側は経済的基盤の安定を求める職業僧侶を希望する。そのため成立は難しいという。当局の担当者は、「良縁」とは言い難い事例をあげ、それが現代の「僧侶の資質を表しているのでは」との感想を示した(13日付)。日蓮宗はこのほど宗務総長の私的懇談会「過疎寺院対策懇談会」を発足させることにした(6日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center