(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2013
号数 60
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ドイツ
記事タイトル *元首相のトルコ移民削減案が明るみに
本文テキスト  8月1日付の『シュピーゲル』誌電子版は、コール元西独首相が1982年、当時約150万人いた在独トルコ人を4年で半減したいとサッチャー英首相に打ち明けていたと報じた。英国の公文書館が公開した資料により明らかとなった。ドイツは高度成長期の1950年代に労働力不足を補うため移民を受け入れたが、元首相はイスラム教徒のトルコ人は「全く異なる文化圏から来ている」とし、同化できない者には帰国を促す案を示したとされる。2011年の統計では在独トルコ人は270万人(読売8/4)。
Copyright(c) Religious Information Research Center