(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2013
号数 60
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆イギリス
記事タイトル *オンライン上でイラク犠牲者を追悼
本文テキスト  NGO「イラク・ボディ・カウント」は、イラクの戦闘やテロでの民間人死者を数える活動をしている。ボランティア9人が、メディアや国際機関、政府、NGOの公式発表から複数の情報源で裏付けられたものについて、日時、場所、使用武器、死者・負傷者の人数、犠牲者の名前、性別、職業などをウェブサイトで公開する。創設者のダーダガン氏は「市民が体験した喪失、家族が受けた苦難、村を襲った悲劇」を伝える記念碑を石材ではなくオンラインで作りたいと話し、データのアラビア語への翻訳も進めている。イラクでは、停戦後の2009〜2012年にも毎年4〜5千人が犠牲になり、開戦から2013年8月20日までに同団体が数えた死者は11万4,138〜12万5,049人にのぼる(朝日8/21)。
Copyright(c) Religious Information Research Center