(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2013
号数 60
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ロシア
記事タイトル *制服義務化、非宗教性を重視
本文テキスト  ロシア政府系新聞「ロシアNOW」(日本では毎日新聞の折込み紙として発行)によれば、与党「統一ロシア」のオリガ・チモフェーエヴァ下院議員が起草した制服義務化法案に支持が集まっている。3月にはプーチン大統領も賛意を表明し、制服導入を連邦レベルで決定し、詳細は地方自治体に託す案を示した。小中学校の制服は1992年に廃止されたが、経済格差や宗教的差異が顕在化しないことが再評価されている。南部スタブロポリ地方(チェチェン共和国などイスラム圏に隣接)では、2012年にイスラム教徒の女子生徒が頭髪を隠すヒジャブをかぶって登校したことで論争となり、制服が既に義務化されている(毎日9/12)。
Copyright(c) Religious Information Research Center