(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2013年7月-9月
号数 60
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *新型出生前診断導入3ヶ月で1534件実施
本文テキスト  妊婦に対する簡単な血液検査で胎児の染色体異常を調べることができる新型出生前診断が、2013年4月の導入以来3ヶ月で1534件実施されたことが、7月15日に行われた医師らの研究会議で報告された。高齢の妊婦を中心に、当初見込みの約1.5倍のペースで利用が広がった。この検査でダウン症などの疑いを示す「陽性」と判断されたのは29件で、その後の羊水検査で確定診断が出た6名のうち、2名が人工妊娠中絶を選んだ。医師らからは、倫理的な問題に関する議論が深まらないまま、異常のある胎児の選択的な中絶につながる検査が普及していくことに懸念が示され、障害当事者の団体や家族からは、障害者の排除につながるのではと不安の声が上がっている(週刊朝日7/12号、読売・東京7/16、読売・東京7/17、朝日・東京・夕7/17)。
Copyright(c) Religious Information Research Center