(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2013年7月-9月
号数 60
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等)
記事タイトル *久子さまIOC総会出席、皇室の政治利用に懸念
本文テキスト  2020年夏季五輪の開催都市を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会にて、高円宮妃久子さまが挨拶をすると、9月2日、宮内庁が発表した。同総会はアルゼンチンのブエノスアイレスで9月7日(日本時間8日)に開かれ、久子さまの挨拶は日本側の最終プレゼンテーション冒頭に3分程度。内容は招致に関わるものではなく東日本大震災の被災地支援への謝意の表明で、終了後には壇上から降りられると事前に発表されていたが、実際にはIOC委員へ礼を欠くという理由から、壇上に留まることになった。宮内庁はスピーチの内容は招致活動に関わっていないと考えているが、総会の前後には各紙で、皇室の総会出席は政治利用にあたるのではないかという懸念が報じられた(読売・東京9/3、日経・東京9/3、日経9/10ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center