(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年3月-5月
号数 23
媒体 専門紙
大分類 5月 
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *ジュネーブでGNRCフォーラム
本文テキスト  子どものための宗教者ネットワーク(GNRC)の第2回フォーラムが、スイスのジュネーブで17日-19日に開催された。参加したのは、仏教、ヒンズー教、バハイ教、イスラム教、キリスト教、ユダヤ教、教派神道などの宗教関係者など68ヵ国約350人。主催者あいさつは宮本丈靖ありがとう基金総裁(妙智会教団会長)、全体会議での基調発題は、ヨルダン王国のエル・ハッサン・ビン・タラール王子、フランス子どもオンブズマンのクレア・ブリセット氏、松永然道SVA(シャンティ国際ボランティア会)代表が行った。さらに、スイス、ウガンダ、エクアドルの子どもが発言した。
 フォーラムでは「倫理教育委員会」の設置が決定され、梅原猛日本ペンクラブ会長、アドルフォ・ペレス・エスキヴェル平和と正義奉仕会会長らが委員に就任した。また、宗教聖典や伝統的習慣を対象とした「宗教の子ども観」プロジェクトが提唱された。来賓はローマ教皇庁、世界宗教者平和会議(WCRP)、世界教会協議会、立正佼成会。
(なお、同フォーラムについては、仏教タイムス20日及び27日付で特集的報道。同紙はまた、先月から6日付まで3回にわたり、GNRCの4年間の活動と展望を連載。6月17日付に論評記事。中外日報も22日及び29日付で報道するとともに15日付に宮本けいし妙智会教団「ありがとう基金」代表のインタビュー<貧困問題の解決めざし運動>を掲載。6月12日付に特集記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center