(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2013年7月-9月
号数 60
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *大学のアイヌ遺骨、「象徴空間」に安置する案
本文テキスト  政府のアイヌ政策推進会議が9月11日に札幌市で開かれ、アイヌ文化振興の拠点として「民族共生の象徴となる空間(以下、象徴空間)」を2020年度、北海道白老町にオープンする方針が決まった。アイヌ文化を総合的に展示、研究する国立博物館や伝統的家屋群、アイヌ工芸の工房などが整備されるという。
 また同会議では、北海道大学などの全国の大学が研究目的で収蔵してきたアイヌ民族の遺骨の返還問題を受け、身元不明などで遺族への返還の目処が立たない遺骨をこの象徴空間に納めて「尊厳ある慰霊」を行うことが検討された。これに対しアイヌ民族側からは、「人骨は土に返すのがアイヌのもともとの文化」であり、「納骨堂を造って慰霊するのはアイヌの文化に合わない」という意見や、「安易に事をすすめて大学の責任をあいまいにすべきではない」といった反発の声が上がった(北海道・札幌9/6、毎日・東京・夕9/11ほか)。
[→『ラーク便り』57号21頁参照]
Copyright(c) Religious Information Research Center