(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2013年7月-9月
号数 60
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *最高裁大法廷が婚外子相続差別に違憲判決
本文テキスト  法的な婚姻関係にない男女の間に生まれた婚外子(非嫡出子)の遺産相続分を、嫡出子の半分と定めた民法の規定をめぐり争われた裁判で、最高裁は9月4日、14人の裁判官の全員一致により相続格差を違憲とする判決を下した。国会は判決に合わせて民法の改正を迫られることになる。
 規定の合憲性が審理されたのは、2001年7月に死亡した東京都の男性と、同年11月に死亡した和歌山県の男性の、遺産分割をめぐる2つの裁判。家裁、高裁が民法の規定を合憲と判断し、非嫡出子側が特別抗告していた。最高裁大法廷は決定で、日本人の婚姻や家族の在り方に対する「国民意識の多様化が大きく進んだ」とするとともに、「子にとって選択の余地がない事柄を理由に不利益を及ぼすことは許されず、子を個人として権利を保障すべきだという考えが確立してきている」とし、遅くとも2001年7月の時点で「嫡出子と婚外子の法定相続分を区別する合理的な根拠は失われていた」と結論づけ、審理を高裁に差し戻した(産経・東京9/5ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center