(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2013年7月-9月
号数 60
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *日光の世界遺産・2社1寺、共通拝観券停止
本文テキスト  7月2日、栃木県日光市山内の世界遺産「日光の社寺」を構成する2社1寺(日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺)の最高議決機関「長職会」において、東照宮と二荒山神社は共通拝観券制度からの離脱を表明した。輪王寺はこれを受け、7日に境内で会見を開き、2社に対し離脱撤回を働きかけていくとした。東照宮側は原因を作ったのは輪王寺側として反発している(下野・栃木7/8)。
 問題の発端となったのは「平成の大修理」。東照宮の国宝・陽明門は7月から6年間の修理に入り、二荒山神社も2014年度本殿の修理が行われる。輪王寺も2019年にかけて修復工事を行い、本堂の「三仏堂」などを順次封鎖する。東照宮と二荒山神社は「拝観者に対する拝観物の十分な提供義務を果たせず、共通券販売が拝観者の目線に立っていない」と、修理期間中の共通券発行に反対。これに対し、輪王寺は「共通券は修理事業の原資で、発行しないと立ちゆかなくなる」として発行継続を主張している(朝日・夕・7/20ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center