(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2013年7月-9月
号数 60
媒体 専門紙
大分類 9月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *なくならない僧堂の暴力問題
本文テキスト  臨済宗黄檗宗各専門道場の補佐員会議が京都の妙心寺で、「なくならない僧堂における暴力問題について」をテーマに開催された。暴力問題の構造は、<体罰的指導も後進の修行を助けるものと意味づけされるため、適切な指導から逸脱する「いじめ」は先輩(高単)が「加害者」で、入門早々の後輩(新到)が「被害者」になる形で繰り返される>こと。しかし近年は雲水の減少、在錫年数の短期化による指導力不足が暴力問題の一因とみる意見が出された。また、道心がないまま僧堂へ入門する者が増えているとの指摘があった。並木優記・教学部長は「暴力は社会的問題であり、宗派として真剣に考えねばならない」と述べた(24日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center