(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

詳細
発行年 2013
号数 60
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *曹洞宗の南アメリカ大陸布教110周年
本文テキスト  ペルーのリマで現地時間8月24〜25日に曹洞宗の南アメリカ国際布教110周年の記念法要が開催され、南北アメリカ大陸、ハワイ、ヨーロッパ、日本の同宗僧侶約50名が参加した。法要に際して曹洞宗から「日本秘露(ペルー)友好親善之鐘」が贈呈され、撞き初め式が行われた
 南米への仏教の伝播は、1903年のペルーへの集団移民とともに渡航した同宗の上野奉庵氏によって始められた。上野氏はカニエテ郡に太平山慈恩寺を開き、日本とペルーが交戦状態となった第二次大戦期にも、在留日本人社会がこの寺を維持していた。2005年からはアルゼンチン出身の尼僧である大城慈仙氏がリマに駐在し、日系ではないペルー人社会への禅の普及に尽力している(29日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center