(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

また、各記事の詳細画面から「戻る」を選択すると、新規の検索画面に戻ります。お手数ですが、以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください。

詳細
発行年 2013
号数 60
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *日中禅僧交流 中国側の違和感
本文テキスト  日中禅僧交流で中国人僧侶4人が6月23日に来日し、岐阜県多治見市の虎渓山永保寺などで修行を体験した。その報告会が7月1日に花園大学で開かれた。中国人僧からは「日本の禅の修行は厳しいが、僧堂を出た後の生活は俗人とあまり変わらない。それでは修行がムダにならないか」などの疑問が出された。この意見について中国人通訳が「中国の僧侶の宗教活動は寺院内に限られており、その範囲で生活も保障されているが、日本の僧侶は社会の中で活動し寺院を護持しなければならない」と、中国人僧が感じた違和感の理由を説明した(2日付、6日付)。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
最下部の「更新」や「投稿」項目をコメントアウト -->
Copyright(c) Religious Information Research Center