(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

また、各記事の詳細画面から「戻る」を選択すると、新規の検索画面に戻ります。お手数ですが、以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください。

詳細
発行年 2013
号数 60
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *生命倫理 全日仏が出生前診断で講演会
本文テキスト  全日本仏教会は出生前診断を考える講演会を7月4日に都内で開いた。医師の吉村泰典・慶応大学教授(内閣官房参与)は、「中絶などの問題に対する結論はわれわれでは出せない。患者がどのように対峙していくかは宗教界が示してくれれば」と述べた。羊水検査を受けた女性のアンケート調査を行った拓殖あづみ・明治学院大学教授は、「医師や医療検査会社、夫、社会は出産は女性の『自己決定』とすることで、女性に責任を転嫁してはいないか」と問題提起し、羊水検査をして悩む女性が話せる機能を北欧の教会が果たしていることをあげ「日本でも仏教界にもこうした機能があれば」と<期待を寄せた>。天台宗僧侶の村上興匡・大正大学教授は「理屈で説明しても苦しみを癒すことはできない。僧侶として一緒に困るしかない」と語った(13日付)。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
最下部の「更新」や「投稿」項目をコメントアウト -->
Copyright(c) Religious Information Research Center