(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

また、各記事の詳細画面から「戻る」を選択すると、新規の検索画面に戻ります。お手数ですが、以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください。

詳細
発行年 2013
号数 60
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞
記事タイトル *ヘイトスピーチ 被害者の声を聞く
本文テキスト  東京や大阪など全国各地で在日コリアンらを標的にした<“ネット右翼”による>ヘイトスピーチ(憎悪発言)デモが急増している。「人種差別撤廃NGOネットワーク」(事務局=反差別国際運動日本委員会)は6月20日に参議院議員会館で「激化するヘイトスピーチをどう止めるか〜攻撃を向けられた被害者たちの声を聞く」を開催し、被差別部落出身者、在日コリアンが実情を報告した。また同ネットワークが2012年5〜6月に調査した「ヘイトスピーチに関する全国会議員緊急アンケート」では回答したのは717人中のわずか46人だった。主催者は<政府や公人が、逆に(ヘイトスピーチを)助長する差別的政策や発信をしているのが問題である>とした。国連は包括的な差別禁止法をくり返し日本政府に求めているが、<政府に動く気配はない>(カ14日付。関連ク21日付に<嫌韓デモの街 真実の歴史伝える 私設図書館「文化センター・アリラン」>の記事)。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
最下部の「更新」や「投稿」項目をコメントアウト -->
Copyright(c) Religious Information Research Center