(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

媒体:専門紙/国内記事/国外記事/小特集(国内・国外)の別
小分類:国名等

以上の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
条件をクリアするには下記ボタンをクリックしてください。

また、各記事の詳細画面から「戻る」を選択すると、新規の検索画面に戻ります。お手数ですが、以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください。

詳細
発行年 2013
号数 60
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *シンポで近隣諸国との武力衝突等を問う
本文テキスト  「日本宗教ネットワーク懇談会」は7月6日に慶応大学でシンポジウム「宗教と平和―今、この危機を乗り越えるために」を開催した。小林正弥・千葉大学教授が問題を提起し、具体的に徴兵制の是非、近隣諸国との武力衝突について問いかけた。応答は以下の通り。「友と敵を分ける2項対立的発想を解体していくことが大切」(根本昌廣・立正佼成会外務部長)、「宗教家としては調和を求めて祈るが、日本人としては戦う」(後藤俊彦・高千穂神社宮司)、「宗教の理想は相手の尊重だが、現実はそのような段階に達していない」(園田善昭・元ローマ教皇庁諸宗教対話評議会顧問)。同ネットワークは宗教者、研究者らから構成されている(仏教タイムス11日付、中外日報18日付、キリスト新聞8月3日付に同類記事)。

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
最下部の「更新」や「投稿」項目をコメントアウト -->
Copyright(c) Religious Information Research Center