(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2013
号数 60
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *国連大学で「信仰が支える難民保護」シンポ
本文テキスト  国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所、世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会、明治大学の3者は6月20日に東京の国連大学でシンポジウム「信仰が支える難民保護」を開催した。ヨハン・セルスUNHCR駐日代表は「人道上の危機の中で最も早く支援を提供するのは宗教的倫理に基づくコミュニティ」と期待した。WCRPの杉野恭一氏は「UNHCRは中立・公正という原則があるため宗教界との連携はそれほど進んでいなかった」と指摘し、今後の協力推進を表明した。外務省総合外交政策局の阿部康次・人道人権課長は、難民支援においてキリスト教を中心に立正佼成会、天理教などの支援の重要性が増していることに<感謝を表した>(4日付。キリスト新聞20日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center