(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2013
号数 60
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *修学旅行での遊就館訪問が問題化
本文テキスト  兵庫県宝塚市の市立中学校が修学旅行で靖国神社の遊就館を訪れていたことについて、5月29日の同市議会で問題視する質問があり、市教育委員会が今後は同館を利用しない考えを示したことに<波紋が広がっている>。質問したのは日本共産党議員で、<軍事博物館・遊就館>は<靖国神社が過去の侵略戦争をアジアの解放戦争と美化している特殊な施設>としている。この質問と答弁に対し「宗教施設に対する誹謗ではないのか」など<さまざまな声が上がっている>。
 なお記事は、戦後の公立小中学校の靖国神社・護国神社への訪問を禁じた1949年の文部事務次官通達が失効していることをもとに、政教関係を正す会会長の大原康男・国学院大学名誉教授の「歴史や文化を実見するため遊就館を訪れることに何ら問題はない」との話を掲載している(1日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center