(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2013年4月-6月
号数 59
媒体 国外
大分類 【8. 北米・中南米】
小分類(国名等) ◆アメリカ
記事タイトル *がん病院で尊厳死を望む40人に致死薬
本文テキスト  4月11日付の米医学誌『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』に掲載された論文によると2009?2011年にワシントン州のがん専門病院で末期のがん患者40人が自分の意思で致死量の薬を処方され、うち24人が死亡した。この病院では2009年に施行された尊厳死法に従ってこの処置を行った。同州の尊厳死法では医師が患者から文書と口頭で依頼を受けてから15日間待って再度意思を確かめ、2人の医師が診断し末期であることを確認し、同意能力があり自発的な意思があるかを確認するなど厳格な手続きが定められている(朝日4/12)。
Copyright(c) Religious Information Research Center