(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2013年4月-6月
号数 59
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *出雲大社「平成の大遷宮」クライマックス
本文テキスト  約60年に1度行われる出雲大社(島根県出雲市)の「平成の大遷宮」は、ご神体を仮殿から本殿に移す5月10日夜の「本殿遷座祭」でクライマックスを迎えた。出雲大社の社殿は飛鳥時代から何度も倒壊しているため、遷宮の周期は定められていなかったが、18世紀以降は60年ごとに大修復がなされてきた(東京・東京5/6)。
 本殿遷座祭には関係者ら約1万2千人が参加。ご神体は12人の神職がかつぐ神輿に載せられ、大屋根の檜皮約70万枚を葺き替えるなどして新しくなった本殿に運び込まれた。ご神体が無事に鎮座すると、千家宮司の「おーっ」という「警蹕(けいひつ)」の声が3度あがった(読売・大阪5/11、産経・東京5/11)。一般参拝客のためには特設テントに設置された大型スクリーンで遷座祭を生中継したが、約1200席が満席となり多くの立ち見が出た(島根日日・出雲5/11)。
 11日には天皇陛下からの御幣物(ごへいもつ)を備える「本殿遷座奉幣祭」や、関係者800人を招いての記念式典および直会(なおらい)が行われた(島根日日・出雲5/12、朝日・島根5/12)。
Copyright(c) Religious Information Research Center