(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2013年4月-6月
号数 59
媒体 専門紙
大分類 5月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *庭野平和財団賞の贈呈式とシンポ
本文テキスト  庭野平和財団は第30回庭野平和財団賞の贈呈式を5月16日に東京の国際文化会館において、グナール・スタルセット氏(ノルウェー国教会オスロ名誉監督)を招いて行った。記念講演でスタルセット氏は世界の宗教問題を内包する政治状況について、「宗教に対する寛容と信教の自由の問題は世界中で悪化の傾向にある」と<警告>。ミャンマーのロヒンギャ族(少数派ムスリム)に対する仏教徒の抑圧の例をあげ、多くの国々で民主化への行程が少数民族への攻撃と結びついているとし、民主化過程で生じている不寛容による問題の発生を<憂慮した>。そして「新しい寛容の夜明けを迎えよう」と呼びかけた。また18日には京都市国際交流会館でスタルセット氏を迎えて、シンポジウム「支え合う安全保障―その全体的アプローチ」が開かれた(23日付、30日付。中外日報21日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center