(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2013年4月-6月
号数 59
媒体 専門紙
大分類 5月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *臨床仏教師養成プログラムが開始
本文テキスト  全国青年教化協議会(全青協)と臨床仏教研究所(臨仏研)の主催する臨床仏教師養成プログラムが5月8日に、東京大学仏教青年会館において開始された。同プログラムは<教育や福祉、医療など多岐にわたる「生きた仏教を体現する仏教者」づくりをめざす>もので、同日の開講記念シンポジウム「現代社会と臨床仏教」はその1回目となる。パネリストは、ハワイでのチャプレン経験をもつ千石真理氏(本願寺派僧侶、京都大学こころの未来研究センター研究員)、藤尾聡允氏(臨済宗僧侶、自死・自殺に向き合う僧侶の会副会長)、ジョナサン・ワッツ氏(臨仏研研究員、INEB国際連帯会議理事)で、ワッツ氏はエンゲージドブッディズム(社会参加仏教)の観点から世界で活動する臨床仏教師を紹介した。コメンテーターの蓑輪顕量・東京大学教授は<智慧の共有と修行実践を要請した>。受講登録者の定員は90名だったが、応募者が多いため100人近くを断ったという。プログラムは、10回(10週)の受講後にワークショップ、実習研修を経た後、2014年春に最初の臨床仏教師が誕生する予定(4月25日付、9日16日合併号。中外日報14日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center