(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2013年4月-6月
号数 59
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *神社振興対策教化モデルで研究、研修
本文テキスト  神社振興対策教化モデル神社宮司研究会が3月25?26日に神社本庁で開催された。挨拶に立った田中恆清・神社本庁総長は、国民の意識変化、少子高齢化・過疎化の進行に伴う「限界集落」の出現、神職の後継者問題など神社を取り巻く環境の厳しさを指摘した。分科会のテーマは「祭祀の振興」「広報活動」「境内地整備と組織育成」の三つ。教化研修での講演は広井良典・千葉大学教授「鎮守の森とコミュニティづくり―ポスト成長時代の日本社会と価値―」、櫻井義秀・北海道大学教授「過疎と宗教施設―人口減少時代における宗教の役割―」。なお同本庁による神社振興対策は1975年から行われている(8日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center