(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2013年1月-3月
号数 58
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *ミャンマー遺骨帰国運動 調査を開始
本文テキスト  超宗派僧侶による「ミャンマー/ビルマご遺骨帰国運動」は、1月31日に厚生労働省記者クラブで記者会見し、少数民族地域に眠る旧日本軍兵士の遺骨の帰国を実現させるため調査を行うことを発表した。調査は同運動、NGO「タイ日教育開発財団」、ミャンマーの11の少数民族が参画する統一民族連邦議会(UNFC)の三者によって行われる。UNFCのクン・オッカー第2書記長も会見に参加し、少数民族はミャンマー政府と休戦協定を結んでおり、「(協定が)遵守され平和な状態でないと遺骨調査は難しい」「平和を後押ししていただきたい」と要望した。なおミャンマーでは4万5
Copyright(c) Religious Information Research Center