(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2013年1月-3月
号数 58
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *シンポ「3・11以後の日本社会と宗教の役割」
本文テキスト  国際宗教研究所と宗教者災害支援連絡会の共催で「3・11以後の日本社会と宗教の役割」シンポジウムが2月9日に大正大学で開催された。東日本大震災の被災地で活動した4人の宗教者により被災者レベルから行政レベルまでの課題が提起された。崩壊した地域の再生において伝統宗教の重要性が指摘されたが、傾聴移動喫茶「カフェ・デ・モンク」を展開している金田諦応氏(宮城県栗原市。曹洞宗通大寺住職)は、「(震災後)教団仏教がそろそろ崩壊に近づいているとの印象を受けた」と<教団の限界を吐露した>。また篠原祥哲・WCRP日本委員会仙台事務所長は国や自治体の官僚は宗教に懐疑的であるとし、公共政策の観点から宗教と行政の緊張関係について述べた(14日付。新宗教新聞、中外日報14日付に同類記事。なお仏教タイムス1月24日-3月の毎号に金田諦応氏のコラム「カフェ・デ・モンク日記」が連載されている)。
Copyright(c) Religious Information Research Center